代表御挨拶

株式会社ライフオーダーは2013年7月設立以来、高齢者からお子様まであらゆる方々の身体のご相談を受けてまいりました。
当初は、技術では良いものを提供しようと邁進しておりましたが、設備的な問題でお客様には大変ご迷惑をおかけしながら運営してきたと思っております。
最近になってやっと設備的な面でも、お客様にご満足いただけるようなものができてきたと思っております。

当社の社名「ライフオーダー」とは「秩序のある人生」という意味があります。
このような人生を送るためには、健康な身体、それを維持していく環境つくりが必要だと考えております。
その環境づくりに是非お役にたちたいという想いで弊社は運営されております。

高齢化社会と言われている昨今、健康で長生きできる体作りが不可欠です。
そのためには、幼い頃からケガをしないためのカラダつくり、カラダを動かすことによって「脳」を鍛え、よりよい成長を促し継続していくことが重要になります。

人は誰しも年齢を重ね、年老いていきます。
年を取ると動けなくなるのは当たり前と簡単に片付けがちですが、「全く動けない」と「若い頃に比べると動けない」は大きく違います。
年齢を重ねるごとに身体機能が低下するのは事実であり、「動けなくなる」ことは確かなことですが、問題なのは「全く動けなくなる」恐れがあり、しかもそれは珍しいものではないということです。
高齢になると、ストレスへの抵抗性の低下などの生理的問題、認知機能障害やうつなどの心理・精神的問題、筋力の低下などの身体的問題、独居や経済的困難などの社会的問題が引き起こります。
これらは独立してやってくるのではなく、連鎖的かつ連続的にやってきます。

例えば、筋力の低下により転倒、骨折を起こしたとすると、身体活動が著しく低下し、病気への抵抗力も低下します。
骨折により、寝たきりになれば、全く動けないも同然です。
また一人暮らしの場合、友人との交流機会が減り、それが心理的問題を引き起こすこともあるでしょう。
これらが原因となって、さらに重篤な障害へと繋がることも少なくありません。
このようにどこから日常生活の破綻が起こるかは分かりません。
それを防ぐためにも、「運動」が必要なのです。

生涯を通じて「自分らしく生きていく」には体力的なもの、神経的なもの。精神的なものが重要になり、その土台としての「運動習慣」はもはや不可欠なものになりつつあります。
学生からスポーツ選手までのトレーニング指導やオンディショニング指導を専門にしてきた我々には、そのノウハウがたくさんあります。
「健康明るい未来を勝ち取るため」、最高の技術を提供する株式会社ライフオーダーにぜひお任せください。

健康にまつわること、機能的なカラダつくりとその他、衣食住を通して、秩序ある人生をお過ごしいただけるように私どもがあらゆる側面から、お役に立てればと思っております。

株式会社ライフオーダー
代表取締役  高口 太三郎

ページ上部へ戻る